鍋情報

冬の季節の温まる料理の王道~鍋料理

冬の季節になると、体が芯から温まる「鍋」を食べたくなるでしょう。辛みの強い鍋、薄味で和風の出しのきいた鍋、野菜や肉魚など沢山の食材を使った鍋。寒い冬に温まるには絶好の鍋料理のことを掘り下げるだけの情報サイトです。冬の寒い季節には、自宅で家族みんなで食卓を囲み、頻繁に使う事の無い、ガスコンロや土鍋を引っ張り出し、こたつに入ってぬくぬくと鍋をつつく。冬の時期には、やはり鍋料理が最高の季節です。その様な鍋ですが、駆け出し主婦の方には「お店で食べたあの鍋を食べたい!だけど自宅で作るにはちょっと…」となるような鍋もありますよね?今回は自宅でも冬に作れて、体を温まる鍋を、主婦の方向けに晩御飯にも自宅で調理可能な鍋料理をご紹介していきます。

冬の季節の定番温まる鍋料理の歴史

最近では冬の時期に暖かい自宅で、鍋をつつく光景が一番思い浮かびますが、日本の歴史を振り返ると、冬に限らず囲炉裏で温まることと合わせて、鍋で食材を煮炊いて、お椀に取り分けてから食事をするのが主流でした。最近の鍋風景の様に、鍋を箸でそれぞれつつく光景ではなく、お椀で食べていたんです。そこから時は流れ「小鍋仕立て」といわれる、持ち運びのできる火鉢や、ガスコンロで土鍋を用いて煮炊きする習慣が根付く様になり、箸でみんなで鍋を囲んで冬の風物詩となっていくのです。海外から日本に入ってきた鍋料理も浸透してきてはいますが、やはり冬に食べたい体が芯から温まる鍋料理は、日本の文化ともいえる日本の鍋料理が一番でしょう。

冬に美味しく温まる鍋の基本的な作り方情報

鍋好きでも、いざ鍋を作るとなると、定番の物ならなんでも合う!といって沢山の食材を入れて鍋を彩っていますか?見栄えはかなり良くなり、好きな物を入れられるので、鍋を囲む全員が好きな物を食べられますが、その反面「あれ、なんか味が微妙じゃない?」「美味しくないことはないけど…」となってしまいます。結局これは、だしを取ろうが一番味の強い物に味が寄ってしまい、本来の鍋の出汁の味すら消してしまっているんです。理想の鍋を研究している方たちによると、鍋の理想の食材の数は、せいぜい5種類で治めるのが理想のようです。これを気に見た目で彩る冬の鍋から、味にこだわる鍋で体温まる鍋にこだわってみてください。

次に鍋に入れる具材の順番ですが、魚貝類・鶏肉などを最初に入れるのが望ましいでしょう。煮たてればすぐに出汁が出ますし、魚介類なども先に入れると魚介類の出汁が出てコクのあるお鍋の出汁になるでしょう。次に入れるのは具材に火の通りにくいものを入れていきます。鍋では順番的に野菜ですが、野菜も固いものから順に入れていきます。ゴボウやニンジンの次に白菜(芯)大根など徐々に柔らかいものを入れていきます。次に入れるのは豆腐です。シイタケを鍋の具材に使う場合はこのタイミングで一緒にいれます。最後に肉やニラ、春菊やエノキなど、すぐに火が通る食材を入れれば大丈夫です。

冬の温まる鍋のコツ

冬の温まる鍋に必ず入れる肉類は、豚肉や牛肉などですが、実は鍋の一緒の付近に入れると、固くなってしまう食材があります。それは、「春菊・白滝」です。鍋にお肉と白滝などを入れる場合は遠ざけて配置するようにしましょう。他にも温度調節がかなり重要なお鍋は、食材を入れて煮だったら中火にし、追加で食材を足した時にも強火から、煮だったら中火に、と火力を一定に保つのが美味しく作るコツです。最後に、アクですが、最初に泡出てから、5分以上残っている泡がアクと言われている物です。アクは放っておくと鍋の味もイマイチになってしまいますので、ササッとお玉ですくい、美味しい鍋のままで召し上がりましょう!

注目サイト

SMテレクラ
http://sm-tel.net/
人妻掲示板
http://xn--gmq11yx3hw1bq9cx0wxln.com/
セフレ 攻略
http://xn--cck6b5bxb6b1e3640c390a.com/
SMテレクラ
http://chatnew.net/
ヤリマン掲示板
http://xn--1dkls1b6530a9n0avtfqx3b6i9c.net/

2016年7月29日