鍋情報

冬の時期に温まる鍋のキムチ鍋

冬の寒い時期に温まる鍋と言えば真っ赤なスープが美味しいキムチ鍋が思い浮かぶ事も多いでしょう。キムチ鍋は、韓国料理の「キムチチゲ」に似ていますが、料理法や入れる食材の違いなどから、日本独自の料理とも言われ、どちらの国の料理とも言い難い料理です。キムチチゲはスープに近く、キムチ鍋は具材たっぷりの鍋料理と言ったところでしょうか。日本のつくるキムチ鍋は、キムチの味の違いから、日本のキムチではなく韓国の本場のキムチでは、酸味が多く美味しく作るのも難しいようで、日本人好みの国産キムチが日本のキムチ鍋では美味しくできるようです。自宅でキムチ鍋を作る場合は、酸味を抑えて甘みの強い国産のキムチの方が美味しく作れるようですね。逆にチゲの場合は、韓国産の方が美味しいのでしょうか…。

寒い冬にもキムチ鍋が温まると人気の理由

キムチ鍋が冬に限らず人気の理由は、体が温まるからだけじゃないんです。キムチ鍋の人気は男性だけにとどまらず、女性にも大人気の鍋なのです。キムチ鍋は赤い見た目とドロッとしたスープに具だくさんの見た目から、太りそうなイメージも湧くかもしれませんが、キムチ鍋は美容やダイエット効果もあると女性にも人気がある鍋の一つなんです。その成分は唐辛子に含まれる、ビタミンA(老化防止)・ビタミンC(美肌効果)・カプサイシン(脂肪燃焼)と言われるビタミンが多く含まれ、更にキムチに含まれるニンニクには、アリシン(スタミナアップ)・スコルジニン(代謝効果)などの成分が多く含まれています。これだけ代謝が上がって、沢山食べても美容にもダイエット効果にも繋がるという、食べてきれいになれる料理として、冬にも温まる人気の高いキムチ鍋の理由です。

寒い冬をキムチ鍋で自宅でも温まる

寒い冬の味方、夜も長時間ホカホカに温まるキムチ鍋の美味しくなる作り方のコツをご紹介していきます。キムチ鍋を美味しく作るコツは、最初の過程から始まります。キムチ鍋では、最後にキムチ鍋の中にキムチを入れる家庭が多いようですが、最初にキムチと豚肉を炒めるのがコツです。豚肉に火が通れば、味付けのしょうゆ・みりん・鶏がらスープを入れ、具材を入れていきます。昆布・白菜(芯)・ネギ・白菜・豆腐・ニラと、出汁が出るものを入れ、固く火の通りにくい物から火の通りやすい食材を鍋に投入していきます。最後にもう一度キムチを入れれば最高のキムチ鍋の完成です。冬の時期に合わせて、辛めの豆板醤などで辛さを増したりするのも、寒い冬の季節に温まるキムチ鍋になるでしょう。